32歳男性が総務経理から転職を成功させた方法と注意点!

転職を始めた当時の年齢

32歳

性別

男性

転職前の職業

総務経理 転職先も総務経理です。

転職を考えたきっかけ

きっかけとしては、工場の移転です。
工場の総務経理を担当しており、その工場は子会社であったため、補助的な総務経理業務しかしておらず、やりがいを感じていませんでした。

工場移転をきっかけに、自宅からの通勤時間が2時間超となるため、そこまでの時間を犠牲にして続けるべき仕事なのか真剣に悩みました。

仕事に対する優先順位を考えたとき、

1.収入

2.仕事のやりがい

3.人間関係

の3つがありました。

転職前に不安だったこと

新天地で人間関係を構築していくことです。
皆さんご存知の通り、仕事というのはその出来・不出来よりも、人間関係に大きく左右されます。

人間、合う、合わないは必ずあります。
私は中小企業しか転職先を視野に入れていなかったので、その職場にどうしても合わないタイプの上司がいたらどうしようということが不安でした。

中小企業は基本的に人事異動が少なく、大企業のように合わない上司がいても、何年間か我慢すれば、異動によって上司が変わる、ということはありません。

転職が成功する確率は50%です!運です!縁です!
これだけは転職前に調べることは不可能ですので、神頼みです。

しかし、私の経験上、これを成功に導く可能性のある方法があります。

それは「フィーリング」です。
なんだそりゃ?と思われるでしょうが、その会社が醸し出す雰囲気、求人票にしても会社案内にしてもHPにしても、何か感じるものがあると思います。

それを頼りにして下さい。
このフィーリングが悪かった会社に転職したときは散々な目にあいました(トホホ・・・)

要するに、それまで皆さんが歩まれてきた人生色が合うか合わないかですよね。
当然、失敗もあるわけですから、転職にはその覚悟が必要となります。

私はこうやって転職活動をしました

人材紹介会社は片っ端から登録しました。
登録すれば、それだけ求人数が多くなるから、求める会社に出会う可能性も上がるという単純な考えです。

ハローワークは怪しそうなブラック企業が多い印象があります。
現在はハローワークも給与提示をきちんとしない会社の求人は受け付けない風潮になっていますが、注意が必要です。

人材紹介会社は求人をして、採用すれば、紹介会社に報酬を支払う成功報酬型ですから、採用活動にお金をかけています。

成功報酬は採用者の年収の35%が相場です。
当然それだけ優秀な人材を求めますが、使い捨ての人材を採用しようという気がないのはわかりますよね。

ハローワークは本当にピンキリです。
フリーマーケットではありませんが、稀に掘り出し物があります。

特に人材紹介会社とハローワークの両方に求人を出している会社はねらい目です。
この会社はハローワークで応募した方がいいですよね。
だってハローワークで採用したら成功報酬が不要なんですから(笑)

転職で最も苦労したこと

自身の能力をどうやってアピールするかです。
仕事ってどんなに職務経歴書を彩っても、やっぱり実際に就職して働いてみるまで、本当にその人が仕事ができるかどうかなんでわかりませんよね。

これをいかに面接というプレゼンで表現できるかです。
意外と自分のことを表現しようとしても、わかってるようでわからぬ自分。

自分の強みは??他人より秀でていることは??
どんなことで即戦力なれるのかは、転職においてすごく大事です。

しかし、これは30代以上の方です。
20代の方なら、スキルよりも将来性を見越したポテンシャル採用ということも十分考えられます。

「30代は利息で暮らせ」というセリフが某漫画のセリフでありましたが、本当にこれはその通りだと思います。

30過ぎてからのキャリアチェンジは本当に相当の覚悟がないとしんどいです。
20代で培ったキャリアをさらに30代でステップアップさせていく方がはるかに楽で、収入アップにもつながると思います。

今の転職先に決めた理由

恥ずかしながら、そこしか決まらなかったからです。
私は新卒の時も氷河期世代ですし、多数の会社から内定をもらいまくり、ウハウハなんていう経験はありません(涙)

しかし、そこは考えようです!そこで内定をいただくということは、やはり何か縁があるからと考えています。
実際に今の会社に入社してから、前職で同じ会社にいた人間がいましたし、前職の取引先で知り合いだった方の弟さんが、今の会社の役員でした!

こんなこともあるんです。世の中狭いです。
そう考えると、会社を辞める時は「立つ鳥跡を濁さず」といいまして、愚痴や不満があっても、きれいな形で「お世話になりました」と言ってやめるのが良いと思います。

それまで、付き合いのあった方、またその延長上にいる方、どこで出会うかわかりません。
実際、転職してからも、前の会社の人脈を活かして仕事するなんてことよくありますからね。

転職してよかったこと

収入が上がったことが一番です。
前職では、なかなか年収400万円の壁を超えることができませんでした。

転職して3年目になります。
1、2年目までは400万円を超えることができませんでしたが、3年目の春に努力が認められて、給与アップしてもらいました。

また、自由な社風であり、私の性格的に、仕事を与えられるより、自分で探してやるタイプですので、何かこれがやりたいという仕事を提案したときは、すんなりやらせてもらえることが多くなりました。

前職はかなり締め付けの強い会社で、いろいろと提案してもはねのけられることが多かったのですが、この点でもよかったと感じています。
もちろん、前の会社のこんなことがよかったという点も多々あります。

転職を成功するためのアドバイス

まずは自分の胸に転職したい本当の理由を聞いてみて下さい。
本当に転職したいですか?それは逃げではないですか?自分に嘘はつけません。

心の底で辞める理由が逃げならば、たいていはうまくいかないでしょう。
もちろん、長時間労働による体調不良やパワハラであれば即刻やめるべきですが。

自分に胸を張れる辞める理由があれば、良いですが、辞めたい理由を探していてはだめです。
転職の面接で絶対聞かれることは退職理由です。

これは絶対聞かれるので、必ず胸を張って、面接官に妥当だと思ってもらえる理由が必要です。

また、上記でも述べていますが、失敗することもあるので、その覚悟も必要です。
人間、長い間同じ会社にいると自然と愛着が湧いてくるものです。

すると、転職先で、ふと前の会社が恋しくなります。
ないのもねだりなんですね。

これは時間が経過することで自然と解決していくのですが。
一番大切なことはあなたの「覚悟」だと思います。

ちなみに、私はリクルートエージェントで転職を成功させました。
好条件の求人がたくさん見つかります。


関連記事

23歳女性が金融業の事務職から転職を成功させた方法と注意点!

24歳女性が旅行会社の発券業務から営業へ転職を成功させた方法と注意点!

サービス残業月50時間以上!27歳の経理職男性が転職で職場環境を改善した方法!

27歳の金融窓口業務!一般職の女性が転職を成功させた方法と注意点!

一般事務職の女性が30歳で転職を成功させた方法と注意点!

28歳事務職女性が福祉業界へ転職を成功させた方法と注意点!