WEB制作企画会社勤務の28歳女性が転職を成功させた方法と注意点!

転職を始めた当時の年齢

28歳

性別

女性

転職前の職業

WEB制作企画会社勤務

転職を考えたきっかけ

大学を卒業して、WEB制作などを行う会社に入りました。
先輩の引っ張りで入ったのですが、そこは優秀な人々が集まっていて、大中小の企業のホームページを作ったり、更新作業を請け負ったり、WEBチラシの政策やイベントのプランニングなど、手広く行う会社でした。

社長がとても有能な人で、人柄も素晴らしい人だったのですが、私の部署の上長についた人がとても気難しい人で、私は次第に仕事のやりづらさを覚え始めました。

その上長はすべてを自分が把握していないと気が済まない人で、また、部下が手柄をたてると嫉妬するようなところがあり、私は、もうこの職場ではやっていけないと思うようになりました。

先輩や友人に相談したところ、「続けたほうがいい」という答えと「辞めたほうがいい」という答えに分かれました。

転職前に不安だったこと

不安だったことは経済的な事でした。
その会社では、たくさんお給料をいただいていました。

また、福利厚生もきちんとしていて、有給休暇もきちんととれる体制でした。
きちんと仕事をしていれば、守られる環境でした。

当時、私は父が病気で倒れ、妹も大学院を目指して頑張っていたため、経済的援助をしなければならない状況に置かれていました。

その会社に勤め続ければ、なんとか、その役割を果たせるということでした。
しかし、その上長がいる限り、私の仕事のパフォーマンスは十分に発揮できないと思いました。

それは精神論ではなく、上長の存在がある限り、物理的な制約が仕事上、いくつもいくつも生まれていくのです。

たくさん給料を頂きながら、自分を殺しながら、ロボットのように仕事をしていくことは耐えられない事でした。

私はこうやって転職活動をしました

転職活動は、同じ職種の仕事を探したかったので、転職サイトなどをいつも見ていました。

そして、実地にその会社を訪れて担当者から話を聴いたりしていました。
しかし、仕事をしながらですと、なかなかそういう時間を取るのも大変なことです。

動けるのは日曜ぐらいだったりするのですが、そういう日はその会社もやっていなかったりします。
そんなこともあって、私は途中から転職サイトに頼るのではなく、人的なつながりで探そうと思いました。

転職サイトだと本当のところの評判とかが分からなかったりします。
それより、同業の人の情報のほうが詳しく、真実に近いのではないかと思いました。

そのため、会社の人にはともかく、社外の人脈で信頼できそうな人に相談するようにしました。

転職で最も苦労したこと

最も苦労したことといえば、やはり時間を確保するのが大変だったということです。
ターゲットとする会社を決めたとしても、そこを訪問する時間がとれませんでした。

また、一度訪問しただけでは分からず、何度か訪問し、またクチコミも取材すべきだと思いましたから、ことのほか、「転職って大変だな」とつくづく思いました。

また、人脈を通して、私が転職をしたがっているということを黙っていてもらうということにも気を使いました。

同じ職種で選ぼうとするわけですから、いつしか元の会社の人の耳に入ってしまいかねません。
そこにも気を使いました。

ただ、日ごろからの人脈づくりに努めていたことがよかったと思います。
たくさんの人に助けられました。

今の転職先に決めた理由

転職先に決めた理由は、まず、職場環境が良かったということです。
何より、一緒に働く人々の人柄がよい。

上司となる人が、ふところが深く、若い人たちに期待して、力を伸ばそうという姿勢がある、ということでした。

もっとも、そういうことは入る前からなかなか分かる事ではないのですが、採用担当者の方と、オフィシャルな説明会の後、食事する機会があり、そこで忌憚のない話を聴くことができました。

前の会社に比べたら、業績の部分では劣るかもしれませんが、これからの未来性を感じる会社で、何より、職場の雰囲気が明るく、温かいというのが選んだ、最大の理由でした。

給料は前の会社より、かなり下がりました。しかし、金より、メンタルだと思い、今の会社の方を選びました。

転職してよかったこと

転職してよかったのは、前の会社と違って、今の会社は、すべてを若い人に任せるという方針だったことです。

任せるといっても、もちろん丸投げではなく、先輩たちが、「好きにやってみろ、責任は俺がとるから」という姿勢なのです。

そして、会社での関係だけでなく、たまに会社がひけた後、飲みに行って、そこでいろんな仕事以外の話も先輩や後輩たちがしているということもよかったと思います。

それによって信頼感が生まれ、仕事への良い影響がもたらされていると思います。
事実、私が転職して1年半以上がたちますが、業績はますますアップしています。

私の後にも、若い後輩たちが入ってきていますが、私は彼らに負けないで頑張りながら、彼らの活躍の場も用意してあげられるよう、心を砕いています。

転職を成功するためのアドバイス

転職を成功させるには、まず、「何を目指して転職をするのか」ということを明確にすべきだと思います。

もっと給料がほしいのか。もっといい職場環境が欲しいのか。
他の職種に移りたいのか等。

どれもこれも手に入れようとすると、つまずく可能性が高いし、そんなにおいしい話は転がっていません。
私は、給料を捨ててでも、いい職場環境を手に入れようとしました。

でも、これは大事なことではないかと思うのです。
金のために働いているということになったら、人間、いい仕事はできないかもしれません。

金がたとえもらえなくても(もらえないと困りますが)、いい仕事をしてたくさんの人に喜んでもらいたい、という心根でなければ、最高のパフォーマンスを発揮することは難しいのではないか、と思います。

ちなみに、私はリクルートエージェントで転職を成功させました。
好条件の求人がたくさん見つかります。


関連記事

入社1年未満!22歳IT企業勤務の男性が転職を成功させた方法と注意点!

システムインテグレーター(SIer)の32歳男性がWEB系へ転職を成功させた方法...