25歳男性が営業職から飲食接客業へ転職を成功させた方法と注意点!

転職を始めた当時の年齢

25歳

性別

男性

転職前の職業

営業職(外勤)

転職を考えたきっかけ

営業職に就いていましたが、営業で思ったような数字、結果が残せずに日々プレッシャーを感じていました。

それ以前はパチンコ店などを中心に接客の仕事をしていました。
営業の世界に飛び込んだ理由は頑張りしだいでたくさん稼げると思ったからです。

しかし現実は厳しくなかなか数字が出せず歩合給がつかない状態が続きました。
そして営業職として数字を取らなければならないというプレッシャーに押しつぶされそうになっていました。

数字を確保するため休日を返上し仕事をしました。
このままでは心が折れてしまうと感じた時が転職を考えたきっかけになりました。

転職前に不安だったこと

最も不安だったのは次の就職先が見つかるかという事でした。
転職を考え、実際に仕事を変えた経験はありましたが、その時の経験を踏まえて考えると特に仕事に活かせる資格や技術を持たない自分が簡単に仕事を見つけられるとは思いませんでした。

周りの同世代の友人も転職を考えていたようですが、私と同じで新しい就職先を決められるか不安に感じなかなか行動に移せていない状況でした。

私の場合は長く接客の仕事をしていて、コミュニケーション力には自信がありました。
営業の仕事も個人宅に訪問する業務だったので人と話すことじたいは慣れがありました。

そう考えると、やはり自分には接客業が合っていると思うようになり、その方向性で転職活動を進めようと思いました。
そのおけげで、抱えていた不安も少しづつ薄れていきました。

私はこうやって転職活動をしました

私は数回、転職の経験がありますが毎回、転職サイトなどを利用して転職活動をしていました。

転職が成功した後も転職サイトには登録したままにしていたので、営業職から転職を決めた時も転職サイトを利用して活動を始めました。

主にリクナビやエン転職などを利用していました。
転職サイトにより求人が違うので複数の転職サイトを同時に利用して少しでも多くの情報を集めようとしました。

転職サイトが主な手段だったので、求人雑誌やハローワークは利用していませんでした。
また1つの仕事を辞めてから新しい仕事を見つけるのではなく、まず勤めている会社での退職時期を明確に決めスムーズに新しい仕事にスライドできるように日程を調整しながら活動をしました。

少ない休みを利用しての活動だったのでかなり時間がかかりました。

転職で最も苦労したこと

なにが自分に合っているのか。どんな仕事がしたいのか。
そういった事を絞るのが苦労しました。

今まで特別な資格などを取得して仕事をしたり職人のような仕事をした経験がありません。
パチンコ店や一般企業の営業、工場での作業などの仕事をしてきた私にとっては、何が自分に合っているのか判断するのが大変でした。

それは今まで「なんとなく」で仕事を選んで「なんとなく」で仕事をしてきた結果だと思いました。
接客、営業、工場勤務などの仕事を経験してきて、それぞれ楽しかったことや辛かったこと、成長できたなと思えることを思い出し、何が自分に向いているのか考えたりしました。

今までの経験を活かし考えてから行動するようにして転職活動の無駄を省こうと努力しました。

今の転職先に決めた理由

今現在は営業職から、飲食店の従業員へと変わりました。
どんな仕事をしようか悩んでいましたが、いろいろ考えているうちに「接客業がしたい」と強く思うようになりました。

接客と言っても職種はたくさんありますが、兄が飲食業界で頑張っている事や高校時代に経験したファミレスでのアルバイトが楽しかったことなどを考え、数ある接客業の中から飲食店での勤務を選びました。

飲食店も形態は様々ありますが、自分の考えや将来の事を考え今の会社に行きつきました。
そして今、勤めている会社は面接をしたその場で、採用の答えを出してくれました。

今までの仕事で得た経験やコミュニケーション力を評価し即戦力として入社してもらいたいと言われ、ここで頑張りたいと思い、私もその場で入社の意思を伝えました。

転職してよかったこと

営業職から転職し正直、給料は減りました。
しかしその分しっかりと休日が取れるようになり、プライベートを充実させることが出来、家族も喜んでくれています。

休みが無くても稼げれば良いと思う人。
多少稼ぎが落ちても休日がしっかりほしいと思う人。
考え方や価値観は人さまざまですが、私の場合は後者の方です。

プライベートで支えてくれる家族がいるから仕事が出来ると思いますし、その家族の為に仕事を頑張ろうと思えます。

収入が減りはしましたが、大きく減った訳ではないので、やりくりできています。
何よりプライベートが充実したおかげで日々の仕事も頑張れていると実感しています。

自分の為の転職が家族のための転職になったなと思い、協力してくれた方や今の会社の同僚に感謝しながら仕事ができています。

転職を成功するためのアドバイス

仕事が辛い。
そう思っている方は星の数ほどいらっしゃると思います。

毎日の仕事が忙しく転職活動をする暇なんかないという方も居ると思います。
しかし本当に疲れていて何のために働いているのか分からない。
という方は、一旦立ち止まってみることが必要だと思います。

勇気がいることだと思いますが毎日の忙しさで自分が犠牲になってしまっては意味がないと思います。

私のように20代の方はこれから先何十年と働かなければならないのです。
少しくらい立ち止まってみても良いと思います。

そして転職する際は自分なりにスケジュール、計画をしっかり立てる事が大事だと思います。
「とりあえず仕事探してみる」という気持ちでは、転職活動は上手くいかないと思います。

焦ってもダメです。
これから長く自分が働く場所を選ぶのですから、しっかり時間をかけてやると良いと思います。

ちなみに、私はリクルートエージェントで転職を成功させました。
好条件の求人がたくさん見つかります。


関連記事

26歳男性がスポーツ用品関連の営業から工場勤務へ転職を成功させた方法と注意点!

新卒1年半!25歳女性が営業からメディア制作職へ異業種転職を成功させた方法と注意...

31歳男性が証券会社営業マンからコールセンターSV(スーパバイザー)へ転職を成功...

31歳男性が営業職から機械工へ転職を成功させた方法と注意点!

社会人3年目!保険営業の25歳男性が転職を成功させた方法と注意点!