職場の先輩がストレス!23歳の医療事務女性が転職で働きやすい職場環境を手にいれた方法!

転職を始めた当時の年齢

23歳

性別

女性

転職前の職業

医療事務

転職を考えたきっかけ

私が転職を考えた理由は「先輩のストレス」でした。私よりも先に働いていた先輩の性格に問題があり、私はすぐに目を付けられて、嫌味を言われるようになりました。

私が仕事で失敗が多かったのが目を付けられた理由です。
仕事ができる子に対するものと私に対する当たりが違いすぎて、すごく辛かったですね。

同期で一緒に働き始めた子が仕事ができてその先輩とすごく仲良くなったことも原因の一つです。
先輩は私が少しでもミスをすると鬼のように怒り出して、私はそれにストレスを溜め込んでいきました。

ある夜急に吐き気を催して止まらなくなったときにこの職場で居続けたらストレスで体を悪くすると恐れて転職を考えました。

転職前に不安だったこと

転職前に不安だったのは「生活費」でした。
私は一人暮らしをしていたので、お金がなかったのです。

親に頼るにも親も仕事を定年退職していて、頼るほどお金がなかったです。
誰にも頼れないことで、金銭面が不安でした。

転職はしたかったけど、急遽仕事をやめてしまったらお金がなくて、生活費に困ってしまうのでは…と考えたのです。
すぐに次の仕事が決まったらいいのですが、それが簡単に決まるとは限りません。

それまでの生活費は持つだろうかと考えてこんでしまいました。
お金がなくなったらどうしようもありません。

借りれるような相手もいないし、この先大丈夫だろうかと心から考えて悩みました。
一人暮らしで住んでいる家を追い出されたらどうしようと、とても不安になりました。

私はこうやって転職活動をしました

悩んだ末に私は前の仕事をしながら転職先を探しました。
先に転職届けを出して、3ヶ月後にやめたいということを事務長に相談しに行きました。

それが受理されて、丁度3か月後にやめさせてくれることになったのです。
仕事をしながら昼休みや帰宅後はすべて転職活動に使い、仕事を探しました。

転職サイトなども活用しましたね。
そうやってハローワークを行き来したり、転職サイトでさまざまな転職ノウハウを身に付けたりして、前の職場で働きつつ、面接を受けに行きました。

そうやってコツコツ探していたら良い職場が見つかったのです。
転職活動はこのように努力を続けた結果、うまく実を結びました。

お金がない人は前職をやめてから新しい職場を探すのでは遅いと思います。
辞めるまでの期間に転職活動も行って、すぐに新しい仕事に移り変われるようにしておくように私はしました。

転職で最も苦労したこと

転職活動で最も苦労したのは採用を勝ち取ることですね。
最初はハローワークだけで探していたけど、いい求人はすぐに誰かに奪われるのです。

やっぱり新卒で採用してくれる人が多いのか、何度も面接で落ちました。
そのせいでどんどん自分を見失って自信を無くして行ったのです。

私はこのまま転職できないかもしれないと一時は落ちこみ、荒れました。
新卒じゃない人と採用してくれないかもしれないと本気で思い込んでいたときもあって、ものすごく辛かったですね。

あの頃は転職活動を頑張りすぎて、心が病みかけていました。
このように採用を勝ち取る厳しさを感じて、精神的に落ち込んでいる自分を奮い立たせることに苦労しました。
この気持ちの持っていき方が難しかったです。

今の転職先に決めた理由

今の転職先に決めた理由は行ったことがある病院だったからです。
患者として診てもらったときに看護婦さんとか事務さんたちの雰囲気が良さそうに感じました。

いつも受付ではにこにこして事務さんが対応してくれたし、優しそうな人が多かったのです。
それを見たらこの職場なら前の職場とは違ってもっとのびのびとお仕事ができるかもしれないと思いました。

本当の内部の情報はもちろん分かりませんよ。
しかしパッと見た感じ怖そうな人がそんなにいないようでしたし、それに楽しそうに事務さんたちが和やかにしゃべっているところを席から見ていました。

そういうところを見て、ここでなら嫌味な先輩からのしごきなどはないだろうと予測して、この転職先に決めました。
私はそこが一番重要だと思って選びました。

転職してよかったこと

転職してよかったことは「悪いのは私じゃなかった」と気づけたことです。
今の職場で前の職場の話をしたら、確実に「えー、なにそこ?信じられない」と言われますね。

誰に聞いてもその職場の先輩の態度がおかしいと言ってくれるのです。
私は自分にも悪い面があったと思っていたけど、だいたい話すとみんな私の味方をしてくれて、前の職場の先輩を批判してくれるので、ホッとしました。

前の職場ではひたすら自分を責めていたけど、自分が悪いというより、その職場の先輩が特殊な人だったと今の職場に来て初めて分かりました。

これは確実に転職してよかったことです。
それが分かったことで心が軽くなりました。

前の職場では無くしていた自分への自信を取り戻せたのはいいコトでした。

転職を成功するためのアドバイス

私と同じように先輩に嫌われて辛い境遇に追い込まれている人は是非転職をオススメします。

転職を成功するためには一時気持ちをリセットさせて、心を切り替えることです。
転職するのに心の切り替えは大事です。

いつまでも辛く淀んだ気持ちを抱え込んでいると転職できません。
その気持ちが面接時に出てしまうからです。

面接官に「暗い絡みづらい人」だと勘違いされてしまうこともありますので、気をつけましょう。

そんなことがないようにまずは何か気持ちの切り替えを行って、スパッと気持ちを切り替えてください。
そして転職活動に集中しましょう。

転職で大事なのは「明るい雰囲気」と「コミュニケーション能力」です。
前の職場で落ち込むことがあると、これを失ってしまってそれで面接を受けても落ちまくります。

しっかり切り替えして、転職に臨むようにしましょう。

ちなみに、私はリクルートエージェントで転職を成功させました。
好条件の求人がたくさん見つかります。


関連記事

29歳の医療事務女性が転職を成功させた方法と注意点!

20歳医療事務専門のインストラクター女性が転職を成功させた方法と注意点!